スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AudacityのASIO対応コンパイルについて

計算機のメモ AudacityをASIO対応でコンパイルするというページを参考にやってみようとしたけど情報が古くなって四苦八苦したので自分がうまく言ったやり方をここにメモをしておきます。
もういちいち英語版のAudacity Wikiを見て英語を訳す苦労するのはめんどくさいもん。


  1. Visual Studio 2008を持っていない人はここからダウンロードする。(Wikiにはテスト版のVC2013用のslnの言及があったけど言うとおりにしてもmath.hがどうのとか言われてうまく行きませんでした。)
  2. 多分Visual Studio同梱ので大丈夫だと思うけど念のためここから自分のOS用のWindows SDKをダウンロードする。
  3. Virtual Clone Drive使うなり,空のDVD-RW使うなりして上2つのISOイメージからソフトをインストールする。
  4. ここからASIO SDKをダウンロード。このページを雑に訳すと「スタインバーグ社のSDKを使いたかったら"3rd Party Developer account"ってのを作ってそれでログインしてね!」ってあるからアカウントを持ってなかったら作ってからASIO SDKをクリック。ログインを促されてからさっきのと似たページに飛ばされるからもう一回ASIO SDKをクリック。利用規約をよく読んで「 I agree to the license 」のチェックボックスをチェックしてダウンロードする。ZIP圧縮されてるので任意の場所に解凍。私はC直下にした。
  5. ここからWxWidgets 2.8.12をダウンロード。記事執筆時点では直前の安定版扱いだから見つけやすいかと。そのwxallのZIP版をダウンロードして任意の場所に解凍。私はやっぱりC直下に解凍した
  6. WxWidgetsを解凍したところのフォルダから→build→msw→wx_dll.dswの順に開き,(なんかダイアログが出たら全部「はい」でおk)ソリューション構成(下記画像(1)赤丸部)を「DLL Unicode Release」にする。その後ツールバーの「ビルド(B)」→「ソリューションのビルド」からビルド。
  7. Audacityのソースコードをダウンロード。説明する気力が失せたのでCygwin使うなりTortoise SVN使うなりしてAudacityのページの言うとおりにする……程度の説明に止めておきますw 私はCygwinにSVN用のツールをインストールしてAudacityのページの言ってることをそのまま実行しました。詳しくはgoogle先生にでも聞いてくださいな。
  8. (Audacityのソースをダウンロードした場所)→Audacity.slnの順に開く。VC++が起動したらツールバーの「ツール(T)」→「オプション(O)」→「プロジェクト及びソリューション」→ディレクトリを表示するプロジェクトを「インクルード ファイル」に設定→そこにフォルダのマーク(新しい行を追加)から「(ASIO SDKを解凍した場所)\ASIO2.3\host\pc」「(ASIO SDKを解凍した場所)\ASIO2.3\host」「(ASIO SDKを解凍した場所)\ASIO2.3\common」を追加。
  9. 右の方にあるソリューションエクスプローラー(下記画像(1)青丸部)のportaudio-v19→source filesのasioフォルダやdsoundフォルダの中にあるファイル全部をプロパティから「ビルドから除外」を「いいえ」にする
  10. ソリューション構成をReleaseにしてビルド。
  11. (WxWidgetsを解凍したところのフォルダ)\wxWidgets2.8.12\lib\からwxbase28u_vc_custom.dll,wxmsw28u_adv_vc_custom.dll,wxmsw28u_core_vc_custom.dll,wxmsw28u_html_vc_custom.dllをaudacityのソースコードをダウンロードしたフォルダ内のwin内のreleaseにコピー
  12. そこにあるAudacity.exeを実行できれば良く出来ましたです。

おおまかに説明してこのようなところだと思います。わからないところやうまくいかないところなどあればコメントをよろしくお願いします。

画像(1)
ソリューションの場所

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
FC2カウンター
あなたは 人目の訪問者です。
キリ番を踏んだ人はこちらまで。
プロフィール

Dark

Author:Dark
プロフィールはホームページから見なさい

Twitter
blogram

blogram投票ボタン
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー

openclose

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。